風待ち

プログラミングの勉強や日々の出来事のログなど

vimを使いだして20年がすぎようとしている頃、emacsを使い始めた。そして、半年後、暗黒面に落ちた。

それを入れた時、最初は軽い気持ちだった。

けれど、 指は確かに覚えていた。

使い慣れた操作は、あのエディタに戻るべきかと思わせた。

しかし、冷静な心が言う。

emacsのエディタ部分以外は、vimよりもいいじゃないか。

今ではもう、ほとんど、emacsから外にでていないだろ?

vim script と emacs lisp を比べて見ろ。もどりたいのか?

そして、決意する。

少数派でもいいじゃないか。

ダークサイドに落ちても、使いたいんだ。

Evil 最高です。

開発者の方に心から感謝します。

init.el

(setq evil-toggle-key "C-`")
(require 'evil)
(setq evil-emacs-state-cursor '("green" box))
(setq evil-motion-state-cursor '("orange" box))
(setq evil-normal-state-cursor '("yellow" box))
(setq evil-visual-state-cursor '("blue" box))
(setq evil-insert-state-cursor '("purple" (bar . 2)))
(setq evil-replace-state-cursor '("red" bar))
(setq evil-operator-state-cursor '("red" bar))
(evil-mode 1)

(global-set-key "\C-z" nil)

(require 'powerline)
(require 'powerline-evil)
(powerline-evil-vim-color-theme)

【emacs自分メモ】emacsで括弧を入力したら閉じ括弧も入力してくれる。コーテーションを入力したら閉じる方も入力してくれる設定

なぜ、半年使ってきて、この設定をしていないかったのか?

なぜ、なんの疑問もなく、毎回、キーを叩いていたのか?

vimの時には真っ先に設定してたのに。

init.el

(electric-pair-mode 1)

【emacs自分メモ】emacsで文字をコピーした時に、OSのクリップボードにも入れる

クリップボードの履歴を残せるようなツールを使っていると、emacsと共有できた方が便利なので。

init.el

(setq x-select-enable-clipboard t)

【emacs自分メモ】emacsのpackage-installでなんかわかんないけど、Not foundっていわれた時

パッケージの情報が古いんだよ。きっと。

M-x package-refresh-contents

emacsの*scratch*バッファでテンプレートエンジンのmustache.elを使って雑にSQLを作ってみる。

mustache.elを見つけたので使ってみる。

Emacs Lisp自体ほとんどわかっていないので勉強もかねてやってみた。

*scratch*バッファだから、順番に”C-j”して実行して行けば、テンプレートの{{key}}で書かれたところを埋めたSQLが手に入る。

利用したライブラリは下記の3つ

*scratch*バッファ

;;テンプレートを作る
(setq template "
update users set user_id = '{{new-id}}' where user_id = '{{old-id}}';
delete from item_info where user_id = '{{old-id}}';
")

;;ハッシュテーブルを作る
(require 'ht)
(setq context (list
           (ht ("new-id" "new-foo") ("old-id" "old-foo"))
           (ht ("new-id" "new-bar") ("old-id" "old-bar"))
           (ht ("new-id" "new-baz") ("old-id" "old-baz"))))

;;SQLをmustache.elで作る
(require 'dash)
(require 'mustache)

(-map (lambda (m) (princ (mustache-render template m))) context)

;;再帰でもやってみる
(defun my-render (tmpl lst)
  (cond
   ((null lst) (princ "commit;\n"))
   (t (progn
    (princ (mustache-render tmpl (car lst)))
    (my-render tmpl (cdr lst))))))

(my-render template context)

業務で単純なSQLをたくさん書かないと行けない時は、Excelを使って作っている。

ただ、Excelだと一対一のSQLは作りやすいけど、一つのキーで複数のテーブルを更新しに行く一対多のSQLは作りづらいから、こういうやり方も覚えておくと便利かもしれない。

追記

READMEを読んだら、リストをループさせるテンプレートの書き方も載ってた。

当たり前だけど、公開されているドキュメントは一通り見ておいて損はないね。

(require 'mustache)
mustache

(require 'ht)
ht

(mustache-render "
{{#hoge-list}}
* {{hoge}}
{{/hoge-list}}
"
         (ht ("hoge-list"
              (list
               (ht ("hoge" "hogehoge1"))
               (ht ("hoge" "hogehoge2"))))))
"
* hogehoge1
* hogehoge2
"

ちょっとだけ違う似たようなバッチをたくさん作らないといけなくなったので、Node.jsでHandlebars.jsを使えばいいやと思ったけど、どうやらPythonでもpybars3ってのでHandlebarsが使えるみたいなので、そっちでやってみる。

大量に似たようなバッチを作らないといけなくなり、Node.jsでやるかっと思ったら、目の前のPCには入ってない。

WinPythonは入っていて、WinPythonにはpybars3もインストール済みなようなので、日本語の情報がないことに不安を感じつつも使ってみることにした。

GitHub pybars3

入ってなければ

pip install pybars3

WindowsのCMDバッチだから、ファイルのエンコードは「cp932」

settings.json

[
  {
    "file_name": "A.bat",
    "message": "AAAA",
    "users": [{"name": "山田"}, {"name": "鈴木"}]
  },
  {
    "file_name": "B.bat",
    "message": "BBBB",
    "users": [{"name": "田中"}, {"name": "佐藤"}, {"name": "山本"}]
  }
]

template.hbs

@echo off

echo.
echo message: {{message}}

echo.
echo users:
{{#for users}}
echo * {{name}}
{{/for}}

exit /b

json_to_cmd.py

# -*- coding: utf-8 -*-

import json
from pybars import Compiler

def main():
    with open("settings.json", "r", encoding="cp932") as f:
        settings = json.load(f)

    with open("template.hbs", "r", encoding="cp932") as f:
        source = f.read()

    compiler = Compiler()
    template = compiler.compile(source)
    helpers = {"for": _for}

    for setting in settings:
        output = template(setting, helpers=helpers)
        with open(setting["file_name"], "w", encoding="cp932") as f:
            f.write(output)

def _for(this, options, items):
    result = []
    for thing in items:
        result.extend(options["fn"](thing))

    return result

if __name__ == "__main__":
    main()

Handlebarsそのものとは違うような気がしないでもないが、一応できた。

この感じでJSONとテンプレートを用意すれば、ちょっと違うけど別物っていうバッチを簡単に生み出せるから、楽ができそうだ。

やっぱり、退屈なことはPythonにやらせなきゃいけないからね。

Windows7の32bitにWinPythonを入れてJupyter Notebookを使ってみようと思うも「ImportError: DLL load failed: 指定されたモジュールが見つかりません。」と出て起動してくれない時に解決した方法

Windowsでお手軽にPythonを始めるためにWinPythonをインストールした。

インストーラーはGithubからWinPython-32bit-3.5.4.1Qt5.exをダウンロードしてくる。

インストール先はわかりやすいように「C:\WinPython」にした。

その後、インストールしたフォルダの中に入っている「WinPython Control Panel.exe」をダブルクリックで起動し、

Advanced -> Register distribution...

をクリックして、なんかメッセージがでるので、「Yes」をクリック。

次に

コントロールパネル -> システム -> システムの詳細設定 -> 詳細設定(タブ) -> 環境変数

のシステム環境変数の「PATH」にすでに入っているものを消さないように以下を追加

;C:\WinPython;C:\WinPython\python-3.5.4\Scripts

;(セミコロン)区切りで2つのパスを追加する。

準備が整ったのでおもむろに「Jupyter Notebook.exe」をダブルクリックする。

黒い画面が表示され、おっきたかっと思ってしばらく待ってみると

Traceback (most recent call last):
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\lib\runpy.py", line 193, in _run_module_as_main
    "__main__", mod_spec)
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\lib\runpy.py", line 85, in _run_code
    exec(code, run_globals)
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\scripts\jupyter-notebook.exe\__main__.py", line 5, in <module>
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\lib\site-packages\notebook\notebookapp.py", line 42, in <module>
    from zmq.eventloop import ioloop
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\lib\site-packages\zmq\__init__.py", line 34, in <module>
    from zmq import backend
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\lib\site-packages\zmq\backend\__init__.py", line 40, in <module>
    reraise(*exc_info)
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\lib\site-packages\zmq\utils\sixcerpt.py", line 34, in reraise
    raise value
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\lib\site-packages\zmq\backend\__init__.py", line 27, in <module>
    _ns = select_backend(first)
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\lib\site-packages\zmq\backend\select.py", line 26, in select_backe
nd
    mod = __import__(name, fromlist=public_api)
  File "C:\WinPython\python-3.5.4\lib\site-packages\zmq\backend\cython\__init__.py", line 6, in <mod
ule>
    from . import (constants, error, message, context,
ImportError: DLL load failed: 指定されたモジュールが見つかりません。

C:\WinPython\notebooks>

なるほど。なんかDLLが足らないらしい、エラーメッセージをもとに「WinPython モジュールが見つかりません」とかググって見ても一致するものがでてこない。

そこで、一旦、WinPythonは忘れてモジュールが見つからんとエラー吐いている「zmq」を調べると、エラーメッセージそのものズバリではないもののバージョンアップの方法がわかった。

とりあえず、ものは試しなのでそこに書かれているコマンドを打ってバージョンアップしてみる。(コマンドを打つのはさっきのエラーメッセージが出たコマンドプロンプトの黒い画面のところでいい)

C:\WinPython\notebooks>pip install --upgrade pyzmq
Collecting pyzmq
  Downloading pyzmq-17.0.0-cp35-cp35m-win32.whl (812kB)
    100% |################################| 819kB 109kB/s
Installing collected packages: pyzmq
  Found existing installation: pyzmq 16.0.3
    Uninstalling pyzmq-16.0.3:
      Successfully uninstalled pyzmq-16.0.3
Successfully installed pyzmq-17.0.0

C:\WinPython\notebooks>

今、入ってたのが16.0.3で17.0.0に上がったわけか。

そのコマンドプロンプトは閉じて、もう一度、「Jupyter Notebook.exe」をダブルクリックする。

また黒い画面が起動して来て、

[I 10:50:30.048 NotebookApp] Writing notebook server cookie secret to C:\WinPython\settings\runtime\
notebook_cookie_secret
[I 10:50:43.351 NotebookApp] JupyterLab alpha preview extension loaded from C:\WinPython\python-3.5.
4\lib\site-packages\jupyterlab
[I 10:50:46.073 NotebookApp] Serving notebooks from local directory: C:\WinPython\notebooks
[I 10:50:46.074 NotebookApp] 0 active kernels
[I 10:50:46.075 NotebookApp] The Jupyter Notebook is running at:
[I 10:50:46.075 NotebookApp] http://localhost:8888/?token=ac22eb5a9a5027ee205ec50bad0cf28f438a76898c
c2883d
[I 10:50:46.076 NotebookApp] Use Control-C to stop this server and shut down all kernels (twice to s
kip confirmation).
[C 10:50:46.085 NotebookApp]

    Copy/paste this URL into your browser when you connect for the first time,
    to login with a token:
        http://localhost:8888/?token=ac22eb5a9a5027ee205ec50bad0cf28f438a76898cc2883d
     

っと表示され、暫く待つと、IEも起動して使える状態になった。

まぁ使えるようにはなったけど、「Jupyter Notebook」ってのがなんなのかわかってないので、これから使い方を覚えないと行けないんだけどね。